生命保険の見直しの際には、保険会社の格付けも重要です!

e-hoken.comは2000年に開設し、12年目を迎えました。
保険料の負担(支払総額)を軽くしませんか!
保険相談なら10年の実績を有する信頼できるe-hokenで!
信頼できる認定FPがあなたの期待にお応えします!

  1. トップページ
  2. 保険会社の格付け&ソルベンシーマージン
  3. 生命保険会社一覧
  4. 損害保険会社一覧

保険会社の「格付け」と「ソルベンシーマージン」を調べる

保険は(特に生命保険)長期にわたる契約のため、その安全度も重要な保険会社選びのポイントになります。保険会社の安全度の判断材料として主に『格付け』と『ソルベンシーマージン比率』(支払余力比率)があります。ただし、これらの数値が良いから将来に向かって安全ということにはなりませんが、現時点での安全度の基準となりますので、保険選びの際の、一つの参考項目としてご利用ください。

保険会社の格付けとソルベンシーマージン 保険相談の入口は一番下

保険会社の格付け&ソルベンシーマージン

生命保険会社
 
損害保険会社

『格付け』とは

その会社の債務履行能力をA・B・Cなどの記号で表したもので、格付け会社と呼ばれる企業の債務履行能力を調査する専門機関で、S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)やムーディーズ、日本格付投資情報センターが良く知られています。

『ソルベンシーマージン比率』とは

大災害など通常では予測できない事態が発生した場合に、保険会社にどれだけ保険金支払能力があるか数値化したもので、決算時に保険会社が公表します。一般的に安全の目安は200%以上と言われていますが、歴史の浅い保険会社は数値が高めに出る傾向があるため、あくまで参考程度に見ていただければよいと思われます。
ソルベンシーマージン比率(%)=ソルベンシーマージン総額÷(リスクの合計額÷2)×100

保険相談


いい保険相談申込